地元産のダッタンそばを作りましょう!

  • 協力してくださる方を募集します。

ダッタンそば

韃靼蕎麦、学名:Fagopyrum tataricum
別名「ニガソバ(苦蕎麦)」とも言われ、独特な苦みがあります
近年日本でも栽培されていますが、中国雲南省、四川省、チベット自治区、内モンゴル地区、ネパールなどの、高度2000メートル以上の山岳地帯で多く作られています。
2000m以上に自生していたので、悪い紫外線から葉を守るために体内にルチンを多く含みます。
なんと、普通そばの100倍以上の1400mg~2000mgものルチンを含有します。
(日本分析センター分析結果)
ルチンの効能

現在ルチンは血管増強剤、毛細管性止血剤として用いられ、高血圧、脳溢血、血圧異常高進、狭心症、
心機高進、動脈硬化症、慢性胃腸出血、腎臓浮腫、紫斑病、糖尿病などに用いられる
常用量は、1回20mg~50mg、1日50mg~150mg程度
ビタミンCと併用される
(鈴木徳治) 平凡社百科事典より抜粋

2月初旬に種をまきました。

実験的に、ダッタンそばを早い段階で撒いてみたところ、・・・・

約1か月を過ぎた3月の中旬に芽が出てきました

5月下旬には実を付けました。


最初についた実は、もう黒んづんできました。

水耕栽培が可能か?、ダッタンスプラウトを栽培していただきました。

6月は湿気も多く、気温も高いので、プランターで育てた方がよいかもしれません。


少し伸びすぎた場合は、おひたしが凄く美味しく三つ葉に似た食感です。



ダッタンそばの種をまいて2~3日で芽が出てきます


10日~14日ぐらいでスプラウトになります。